概 要
Outline

与えられた予算で工期内にどのような方法で効率よく工事を行うか、地域毎に違う条件を考慮しながら計画を立てます。
環境への配慮と安全確保を基本に今まで培った技術や経験が生かされる重要な業務の一つです。

■現地での測量業務、各種検討、工法立案、仮設設計
■調査報告書の作成

工事現場は山地、平地(田、畑など)、市街地と多様で大型機械や重機を使うため、その運搬手段を現場条件に合わせて計画します。山地ではヘリコプター、索道(スキーのリフトに似た設備)、モノレールなどを設置、また平地では頑丈な鉄板を敷いた仮設道路などを作ります。

どんな気象条件下でも絶対に倒れない設計のもとに強固な基礎体を地盤にしっかり根付かせます。軟弱地盤の場合は鉄塔の高さに匹敵する程の杭を何本も地下に打ち込みます。

大型地震や大型台風でも倒れないよう設計されており、時代と共に機械化されたとはいえ100mクラスの鉄塔でもまだ人力に負うところが多い仕事です。

点(鉄塔)と点(鉄塔)を電線でつなぐ送電線工事の最終段階であり、最も専門的な技術・技能と経験を要する仕事で、工事区間に全ての電線を張り終えた時の爽快感は格別です。

送電線の平均寿命は50〜60年と言われています。工事完成後、全ての検査に合格証書を貰って電気が流れ始めた時、自分達の手で作り上げた生まれ立ての送電線という命の息吹が聞こえるようで感動を覚えます。自分が社会に貢献しているという誇りを持つ瞬間でもあります。

採用情報 recruit採用情報 recruit