ホーム 業務内容/送電線工事について

 

業務内容/送電線工事について

 

電気の道しるべ

日本の架空(そら)をくもの巣のごとく張り巡らされている送電線。電気というエネルギーは、発電所で生まれてからとても長い道のりを経て、皆さんの会社やご家庭に届けられております。当社は「架空送電線工事」という、いわば電気の専用道路を地上100mの世界から現代社会に提供する社会的インフラの供給者です。
現代社会にとって不可欠なライフラインである電気。その重要なインフラの構築・維持を通して社会的貢献に寄与する役割を我々システック・エンジニアリングは担っております。

送電線

 

業務フロー

工事準備・調査・設計
予算・工期・環境などを考慮して効率のよい計画をたてます。
仮設工事
工事作業をスムーズに行うための整備計画、設置を行います。
基礎工事
絶対に倒れないための基礎体を地盤に根付かせます。
鉄塔組立工事
鉄塔を組み立てます。
架線工事
鉄塔同士を電線でつなぎます。
完成
検査に合格して初めて電気が流れます。

>> 次のページへ

↑ ページの先頭へ